本文へ移動

新着情報とお知らせ

八幡浜子育て支援拠点「やわたはま銀座バスケット」について
2019-06-11
このたび、地域・企業・行政が連携した子育て支援事業「やわたはま銀座バスケット」を、以下のとおり実施することとなりましたのでお知らせいたします。なお、事業詳細については内覧会等の説明の機会を設けますので、改めて6月中にご案内します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
令和元年6月より、地域・企業・行政が連携した子育て支援事業「やわたはま銀座バスケット」を実施いたします。
やわたはま銀座バスケット事業とは、地域・企業・行政が連携し、八幡浜銀座商店街を拠点として実施する子育て支援事業の総称です。長期休暇中に児童の預かりニーズが増加するといった地域課題の解決を図るための「休日子どもクラブ」事業を中心に、安心して子育てができ、地域の見守りを通して健やかに子どもが成長していくための居場所を提供する「ひとやすみCafe」事業等をはじめとした子育て支援活動を展開いたします。
 
事業①休日子どもクラブ推進事業
・小学生を対象に、夏季・冬季・春季休業や一次産業等の繁忙期に子どもクラブを開所し、地域の特性に応じた豊かな教育プログラムを提供する。
・オレンジベイフーズ㈱及び㈱あわしま堂、NPO法人ワークライフコラボ(運営委託)が実施主体となり、愛媛県及び八幡浜市が補助を行う。
→6月中旬、利用申込受付開始予定
 
事業②子育て支援拠点「ひとやすみCafé」
・子ども・保護者・地域の交流拠点として、休日子どもクラブ閉所日に子育て支援セミナーや親子ワークショップを企画し、子育てに役立つ情報発信を行う。
・やわたはま銀座バスケット連絡会(子育て支援企業として15社が入会予定)を設置し、八幡浜市地方創生プロジェクトチームと共同で事業を企画、実施する。
 
≪事業のねらい≫
①子ども、子育て世帯が安心できる居場所を作る。
②民間企業主導による柔軟な運営により、学童保育の需要が高まる特定の期間(夏季、冬季、学年末・学年始休業や一次産業等の繁忙期)をカバーし、豊かな教育プラグラムを児童へ提供する。
③市内の商店街の空き店舗を活用し、地域・子ども・子育て世帯の交流促進により賑わいを創出する。
④地域、企業、住民が一体となって、働きやすく暮らしやすい地域づくりを促進する。
オレンジベイフーズ株式会社
〒796-0202
愛媛県八幡浜市保内町宮内1-289-1
TEL.0894-36-1338
FAX.0894-36-1332
 
TOPへ戻る